■ 母なる地球の子守り詩

- 母なる地球の子守り詩 -

 

 

 

そのしずくは空の彼方から 

しずかに大地をめざして降りてきた

 

 

土の中には たくさんの命のたねが 芽吹きを

心こがれる思いで待っている

 

 

さあ 空と大地をつなぐしずくが

わたしたちに 息吹を運んでくださるのを

長い間 土の中で待っていた

 

 

ひとつのたねに しずくが降りた

次のたねにも また次のたねにも

次つぎと しずくがたねに息吹を吹き込んでいく

 

 

やがて たね達は自分を表現できる身体を持った

 

 

ある者は 大地を耕し

また あるものは 空を舞い

また あるものは 新しいたねを他の大地へと運び

 

 

この星の仲間が生まれてくるのを

楽しみに待っている

 

 

 

地球に生きるすべての命は

みな同じく

つながり支えあう 仲間たちですね

                                                                                 

                                                  

                                                            2007 しずく・たね・胎児からのMessage 佐藤 良則

 

トップへ戻る